bnr5

いにしえの夢のなごり
懐かし寛ぎ
丹精な手仕事が、生きている

天明八年(1788)、筑後国御井郡久留米通外町(現在の久留米市)に、
小さなうぶ声とともに、新しい時代の幕が開きました。
久留米絣の創始者・井上伝の誕生です。

たぶんその才能は天が授けたものだったのでしょう。
子供の頃から伝は木綿などを織ることを好み、
12~13才頃には白木綿や縞などを盛んに織っていました。
年月を経るにしたがいその実力はますます研ぎ澄まされ、
精巧な布を織り出すように。
「いつか新奇な織物を生み出して、お国のために
そして家のためにつくしたい・・・・・・」
伝の胸には、いつしか大きな夢が育ちはじめていました。

久留米絣 花柄 織り 織元

久留米絣 花柄 織り 織元

久留米絣 花柄 織り 織元

久留米絣 花柄 織り 織元

久留米絣 花柄 織り 織元

「この白い斑点は何だろう。」
ある日、伝は衣服が何度か
水をくぐって色あせたところに、白い斑点がついているのに気づきました。
粗けずりな美しさを持ったその斑点に魅せられた伝は、
持ち前の探究心が湧きたつのを抑えることができません。
急いでその衣服を解きはなし、糸の白黒にならって白糸で
くくりました。そして、これを藍汁に染めて乾かし、
そのくくり糸をといてみたのです。
すると、どうでしょう。
これを機にのせてみると、白い斑点が数百点布面に現われ、
不思議な魅力を持った新しい織物が仕上がったのです。
この織物は所々かすれたように見えることから「加寿利」と
名づけられました。これが久留米絣のはじまりです。

久留米絣の美しさはまたたく間に評判となり、
伝が40才位の頃には門下生も3~400人にまでなりました。
そして年を追うごとに、その天稟の才能と情熱で、
久留米絣の美しさにますます磨きをかけ、
ついには全国にその名をとどろかせるようになったのです。

明治2年4月、井上伝は太く長い人生の幕を82才で閉じました。
まさに久留米絣とともに歩みつづけた人生でした。

久留米絣の工程

久留米絣は完成までに約30工程にも及ぶ作業を有します。
現在もそのほとんどは手作業で行われており、 その一つ一つの工程に熟練した経験と技を必要とします。
※現在工程の一部は機械で行われています。
緒方絣工房は昔ながらの伝統技法による藍染め、手織りにこだわり日々、絣作りに励んでいます。

1.柄つくり(図案)
2.絵紙
3.経尺づくり
4.下絵
5.絵糸書
6.経てはえ(整経)
7.ぬきはえ
8.糸たき
9.さらし(漂白)
10.のりづけ
11.手くくり
12.藍建
13.藍染め
14.水洗
15.絣解き
16.水洗
17.糊付・乾燥
18.経割(柄合せ)
19.糊付け・乾燥
20.割り込み・筬*通し
21.経巻
22.あぜかけ
23.機仕掛
24.ぬき割
25.枠上げ
26.管巻
27.手織り
28.乾燥
29.整反
30.検査

*筬(おさ)とは、織機の付属用具の一つ