(藍染めのこと)第7回 藍染め体験開催

bib workshop

第7回 藍染め体験の日程が決まりました

第7回 藍染め体験は2018年6月10日、13日開催決定!!

おかげさまで、緒方絣工房さんで開催する「藍染め体験」の7回目を開催できることとなりました。
第7回のご予約開始の前に、「藍染め体験って?」という初心者の方にも、何回かご参加いただいてる方にも前回のワークショップの様子をご覧いただいて藍染め体験のご参考になればと思います。
※ご予約は、5月23日(水)20時より受付を開始いたします。

2017年11月に開催された6回目の「久留米絣の藍瓶で藍染め体験」。
今回も様々なストールやスカーフが出来ました。
第6回から加わったショールも好評でした!


まずは前半1時間で、模様をつける『絞り』の仕方を一通りAIGOTO 末續さんより教えていただき


白く残す所は、藍の液が染み込まないようシッカリビニールや紐で縛ります。
空気も漏れないほどきつく縛るのは、AIGOTOさんの見本を見てる限りではわからない(軽々やるからw)力仕事です。


細かいドット柄は絞るのが想像以上に大変で、多くの人が挫折しますが(笑)、もの凄く細かい模様を作る人もいました。


残りの1時間で染色します。


藍液にしっかり浸かるようにガーゼを瓶の中に入れ、瓶の中でも藍液が布に行き渡るように生地を広げてやります。


そして、瓶から出して空気にまんべんなく触れさせます。
空気に触れて酸化することで、青くなる藍。
ここまでが1行程です。これを10回ほど繰り返します。


前屈したり、スクワットしたり、体が堅い人にはなかなか大変な作業です。
膝つくと少し…いえ、かなり楽ですよ(笑)


途中で水洗して、藍のアクを落とします。
最初の水洗は、だいたい歓声が上がるほどの感動があります。
白と藍色がはっきり見えて、どれくらい濃くするのかなど調整をして仕上げていきます。


水洗する前は、少し茶色のアクがついています。


最後に絞りを全てほどいて広げた時まで、模様が想像出来ないので感動も大きいです。

毎回、同じような模様を作っても多用な模様が出来上がる藍染め体験。
次回のご参考にされてください!

第7回は6月10日(日)、13日(水)開催です。
ご予約は5月23日(水)20時より受付を開始いたします。
料金や内容は、コチラをご覧ください。

ご予約受付ページ↓↓↓ ※5月20日(日)20時にリンクがつながります。
「第7回 久留米絣の藍瓶で藍染め体験」

2018-05-20 | Posted in お知らせ, イベント情報, 日々のこと, 藍染め体験Comments Closed 

関連記事