(藍染めのこと)第4回 久留米絣の藍瓶で藍染め体験開催 ちくちっく 筑後

【筑後市】第4回 久留米絣の藍瓶で藍染め体験

久留米絣の藍瓶で藍染め体験

 

開催日程:2016年12月1日(木)/3日(土)/5日(月)
(各日 10:00〜/13:30〜の2回の計6回開催)

【開催人数】各回4名まで
【作業時間】2時間程度
【料金】国産ガーゼのストール幅広タイプ(約80×180cm) 5500円(税込)
国産ガーゼのストール(約60×180cm) 4500円(税込)
国産ガーゼのハンドタオル(約32×32cm) 2500円(税込)
国産ガーゼのスカーフハンカチ(約58×58cm) 2500円(税込)
【場所】福岡県筑後市大字久富1651 緒方絣工房(MAPあり)
【お問合せ】0943-24-8423(ビブリオチック)※11:00〜18:00時間帯にお願いいたします。
【当日の連絡先】0942-52-2871(緒方絣工房)※当日以外は連絡しないでください。

※駐車場は現地でご案内いたします。
※公共機関をご利用でのお越しになる方は、store@cictic.jpまで お問合せ、ご相談ください。

・汚れても良い服装かエプロンなどをご持参ください。
・工房は寒いので汚れてもよい防寒着もご用意ください。
・作業しやすいようにヒールのない靴でお願いします。
・ゴム手袋は用意いたしますが、気にされる方はご持参ください。

藍染めした品はその日にお持ち帰りいただけます。
※乾かさない状態でビニール袋に入れてお持ち帰りいただきます。
水に一晩つけてアク抜きした後、室内干しをして乾かしてからご使用ください。

藍染めワークショップ
染めパターン事例の一部。
染めたい模様を、末續さんに相談したり教えてもらいながら一緒に作っていきます。
※ハンカチ、ストールいずれもお1人様1回に1枚とさせていただいております。

 

ご予約は全て定員に達しました。
こちらより「キャンセル待ち」を受付けてます。

 

【筑後市】第4回 久留米絣の藍瓶で藍染め体験


伝統的な久留米絣の工房の藍瓶を使った藍染めワークショップ工房見学や絣の織元が揃ってするイベントで、度々「藍染めをしてみたい」というお客さまからのご要望が増えてきたことから、穏やかな気持ちの良い季節にワークショップを開催してみようとはじめた第1回。(ワークショップの模様はコチラ
もともと「春と秋に出来れば…」という末續さんの思いのもと企画した第2回目は追加日を増やすほどご好評をいただきました。
藍は生きており、一度に大量に染めることができません。
そのため回数と人数に限りがありますが、できるだけ参加ご希望の方に体験していただきたい。と、今回も3日間の開催となりました。

工房の近くには、大人気のニコパンさんや、ごはん屋「野歩ほん」さんなど、お店もいくつかあります。
他の筑後地域も回りながら楽しんでいただければと思います。
ビブリオチックのある八女市土橋市場までも車で20分くらいで行けます(笑)
・ふかほり邸/じゃぱん(天然温泉旅館/天然酵母パン)
いぐさブティック 草(い草商品、和物雑貨セレクト)

※それぞれのお店の行き方などは当日、ご案内させていただきます。

藍液は生き物で、毎日世話をしてやらないといけません。
調子が悪いと、うまく染まらないこともあるほどデリケートなもの。
この工房でしか出来ない藍染め、代々受継がれて絣に使われる伝統の技法を使った藍染めが出来る貴重なワークショップをぜひ体験してください。

久留米絣の藍瓶で藍染め体験

もちろん、今回も藍染めに使うハンカチとストールは、同じ筑後市にある平田織布工場さんの国産ガーゼ製です。
国産の綿糸にこだわり、仕上げに丁寧に何度も洗うことで柔らかさをだしたガーゼは、国内でも定評がありメーカーとしてブランドに卸しているほど。
その肌触りのよさに惚れ込んだAIGOTOさんとbibliotic!で「AIGOTO GAUZE」というオリジナル商品も作った、心からオススメできるガーゼです。


第3回 藍染め体験のレポート
第2回 藍染め体験のレポート
第1回 藍染め体験のレポート
・体験レポート「久留米絣の工房で藍染めをする。」
AIGOTO 末續さんの物語


カラーミーリンク AIGOTO GAUZE
2016-10-22 | Posted in お知らせ, イベント情報, 藍染め体験Comments Closed 

関連記事